翻译新闻

散文日译(笔译或即席口译练习)

来源:网络  作者:本站  发布时间:2022年04月23日  阅读次数:   次

不管是练习还是在进行口译实践时,我们一直都要花费很大精力来对一些电视节目进行口译或同传。日本电视节目的很多画外音整体上都是一种散文情调。因此,特地加上了中文散文的日译部分,以便练习散文情调画外音等的笔译或口译。散文日文文本用词特征偏向文语,即我们所说的书面语,尤其是文中多以名词结句,日语中称之为「名詞止(めいしどめ)」。


四季之歌

四季の歌


春——成长

我喜欢春,春是生命成长的季节。

当第一株稚嫩的草芽破土而出时,就宣告了春的到来。生命经过冬积累中的沉默,在春里爆发。解冻了的流水叮咚奏响,新生的嫩枝在春风和煦中飞舞,苏醒来的动物四处觅食,野花在温暖的阳光下张开了笑脸……万物复苏,世界又是生机勃勃、欣欣向荣的景象,让人从心里荡出欢喜。


春――成長の時

私は春が好きだ。春は生命が成長する季節。

最初の一株目の幼く頼り無い植物の芽が土を突き破って姿を現した時、春の到来を告げる。生命たちが冬に蓄えた沈黙を春に爆発させる。氷解したばかりの流水はサラサラとした音を奏で、新生の樹枝はうららかな春風の中で舞い踊る。目覚めた動物たちは糧を追い求め、野の花は温かな陽光の下笑顔を世に見せる……、万物は蘇生し、活気に満ち溢れ、生い茂る世界が又、姿を現し始める。心の底より歓喜が湧き出る。


夏——绽放

我喜欢夏,夏是生命绽放的季节。

池塘中,亭亭玉立的尖荷;花园里,争芳斗艳的百花;还有蝉声阵阵,蛙声袅袅……夏是生命诗篇中最繁华的乐章,生命的活力在夏中达到顶峰。看吧!春雷过后那伸展出的墨绿的枝叶,丰硕饱满得泛着诱人的光泽,夏的热情奔放溢于其外。夏日里,生命绽放得淋漓尽致。


夏――繁栄の時

私は夏が好きだ。夏は生命が繁栄する季節。

池の中で亭々と立つ蓮の蕾、花園にて相競い合う芳しき百花、去りては来る蝉の合唱、相次いで湧き上がる蛙の歌声……夏は生命という名の詩篇において、最も華やかな一章。生命の活力は夏にて最高潮に達する。見てみよ、春雷の後、息づき始める深緑の枝葉を。豊かに繁り、人の目を引く光沢を放ちつつ、夏の充溢した情熱を外界へと放出しているその様を。夏の日、生命の繁栄は遺憾無く表現される。


秋——收获

我喜欢秋,秋是生命收获的季节。

秋是金黄色的。秋的空气里处处弥漫着醉人的成熟味道。丰实的累累硕果压弯了枝头,在飒爽秋风中向人招手,经过历练的生命,终于有了殷实的回报,收获的甜美丝丝渗在每个人的心里。在秋里,生命的历程走向了完美,生命在秋中,收到了回报。当寒意又起时,呦,冬天又到了……。


秋――収穫の時

私は秋が好きだ。秋は生命の収穫の季節。

秋は金色。秋の空気には人を酔わせずにはいられぬ成熟の匂いがそこかしこに満ち溢れている。たわわに実る果実は枝を撓らせ、颯爽たる秋風の中、人々へ手を振っているかのようだ。試練を経た生命達が、終に豊富な見返りを得、収穫の甘美は生命の一つ一つの心に染み渡るのだろう。秋を迎え、生命の軌跡は完璧な弧を描く。秋において、生命は報酬を目にするのだ。寒気を再度感じる。はて、又、冬がきてしまったのか……。


冬——孕育

我喜欢冬,冬是生命孕育的季节。

冬并不萧条和肃杀,冬是最真实的展现。褪尽浮华,还原本色。经过冬的洗礼,留下的全是坚强和睿智。冬不是消亡,而是生命的原始孕育。生命在严寒的冬中集聚着力量和活力,开始生命新的轮回。看厚厚的积雪下的庄稼,瘦小而羸弱得让人心生怜恤,但其中深藏着的生命力却让人生畏和敬佩。


冬――育みの時

私は冬が好きだ。冬は生命を育む季節。

冬は殺風景でも、寂れてもいない。冬は世界のありのままの姿。全ての装飾を剥ぎ取り、素顔を現す時。冬の洗礼を凌ぎ、残るのは堅強と叡智。冬は喪失ではなく、生命が無から育まれる時。酷寒の只中、生命は力と活力を結集し、新しい生命のサイクルが始まる。ごらん、厚き積雪の下の作物を。痩せ細り、脆弱で人の哀憐を誘っているようだ。だが、その体内に潜んでいる生命力は人の畏敬に値するものだろう。


四季如歌,我爱生命。但愿在生命的轮回中也能有收获,像闪耀划过夜空的流星,在灿烂中诠释生命意义的所在。

四季は歌の如し。私は生命を愛する。唯、願わくば生命の輪廻の中でも収穫を得られますように。夜空を横切るきらめく流星の如く、燦燦たる光の内で生命の意義を闡明にするように。


威海翻译公司

400-631-8682